eye fit



コンタクト購入の流れ


さまざまな方法で購入できるコンタクトレンズですが、医療機器であるコンタクトレンズは、購入する前に必ず眼科医の処方を受けることが必要です。

コンタクトレンズは一人一人の目にベストな状態でフィットして、初めて正しい視力矯正効果を発揮します。目に合わないレンズを使っていると、気づかないうちに目を傷つけてしまったり、自覚症状がないまま目の病気を悪化させてしまったりと、大切な目に取り返しのつかないダメージを与えてしまう危険性もあります。

安全に正しく視力を矯正するためには、個人差のある瞳の形状や目の健康状態を専門的な知識を持って診断する眼科医による検査と処方を受けることが不可欠となります。
コンタクトレンズを使いはじめたその日から安全・快適に過ごすために、正しいステップを踏んで自分に合ったコンタクトレンズを手に入れましょう。

コンタクト購入の流れ
眼科では一人一人にぴったりのレンズを処方するために、さまざまな検査が行われます。
(2回目以降の購入時や、眼科医の判断によっては検査ステップが追加・省略される場合もあります。)


問診


身体の健康状態や目の状態、目の病気の有無、生活環境、趣味・スポーツなど、 あなたがコンタクトレンズの使用に適するかどうか、どんな種類のレンズが適しているかなどの基本的なチェックを行ないます。
身長の伸びる時期、成長期の子供さんは使い捨ての方がいいでしょう。

屈折(視力)検査

裸眼での視力を測定し、レンズを用いた適切な矯正視力とレンズの度数を決定します。

スリットランプ(細隙灯:さいげきとう)検査

細い光のスリットで角膜(黒目の部分)から眼球の前半分(虹彩、水晶体)を検査する生体顕微鏡を使用し、目の状態を細かくチェックします。

角膜曲率測定(角膜形状検査)

角膜の形状(カーブ)を測定します。角膜の表面にゆがみがないかを調べたり、あなたの目にぴったり合ったコンタクトレンズを選ぶためのデータを確認します。

涙液検査

コンタクトレンズ装用と深い関係のある、涙の量と質を検査します。

フィッティング検査

実際にコンタクトレンズを目に着けて、視力やレンズの動き、異物感がないかなどを確認します。
診断の結果と使う人自身の意見を考慮した上で、眼科医によって最終的なレンズが決定されます。

販売施設でレンズ購入

眼科医による処方データに基づいて、併設のコンタクトレンズ販売施設などでレンズを購入します。

レンズの取扱い、ケア方法についての説明

正しいレンズの使用やレンズケアは、あなたの目の健康のために、とても大切なことです。
使用方法についての説明をよく聞き、分からない点がある場合は、必ず質問しましょう。
※1日使い捨てタイプの場合、レンズケアは必要ありません 。


Valuable information

良案件多数掲載!骨董品買取業者比較ランキング(高額査定・出張買取)

Last update:2018/3/2

Copyright (c) 2008.eye fit. all rights reserved